ハミングバード

HOUSE SURVEY

- 家屋調査 -

今、話題のドローンによる家屋調査。火災保険を利用して、屋根の調査から修繕まで『無料』で出来ます。
ドローンによる屋根・家屋調査から、修繕までを一括サポートするサービスです。

ご利用対象者

  • ①自然災害で、ご自宅の屋根の状態を知りたい又は不安な方
  • ②台風、雪災での損傷箇所を自己負担無しで修理したい方
  • ③ご自宅の売却を検討中の方
  • ④損傷箇所を補修してより高くご自宅を売却したい方
  • ⑤既に現状回復を検討しており、見積りが高いと感じた方

※過去に発生した自然災害による屋根、雨樋、外壁、フェンスの損傷は、火災保険で全額修理できます。

ポイント

  • ・スピーディーかつ確実 先進的なドローンの活用
  • ・安心の操縦撮影 ドローンスクールのインストラクターによる撮影
  • ・組織力 東京土建組合をはじめとした多岐にわたるネットワーク

「HBドローン家屋調査」が
選ばれる3つの理由

火災保険のご利用で自己負担0円!調査も無料!

台風、竜巻、突風、豪雨などの自然災害による破損は火災保険で修理が可能です。
申請できる修理の範囲も幅広く、家の内部・外壁・門・塀・カーポート・屋根など、家の修繕のほとんどは保険が適用されます。
認定された保険額の範囲内で工事を行うため、自己負担なしでの修理が可能です。
また保険認定されない場合も調査費用は掛かりませんのでご安心ください。

短時間で安心な調査

現状の家屋調査では、足場を作り、屋根に登り、お客様の目の届かない場所で調査が行われます。
そのため時間や費用が掛かるばかりでなく、調査時に破損する心配も残ります。
そこで、ドローンを利用することで
・15分程度の短時間で
・一緒にモニターを見ながら
安心、快適な調査が可能になります。

保険適用申請は調査・保険のプロ実施

調査スタッフが、撮影データの解析、損傷個所の診断を行い、どこまでが保険の適用範囲になるのかをしっかりご説明します。
その後、修繕費用見積もり、火災保険会社への申請を行います。
また、保険会社との現地鑑定の際も、専門知識を持ったスタッフが立会いますので安心です!

信頼の証

弊社は、2016年10月より東京潮見にてドローンスクールを運営しており、2018年11月末現在で300名以上の方にご受講いただいております。また、2017年6月には国土交通省登録講習団体として国土交通省のWebサイトに掲載され、2018年11月には東京お台場にある商業施設「お台場ヴィーナスフォート」にドローンスクールジャパンお台場ヴィーナスフォート校をオープン致しました。

「HBドローン家屋調査」では、一般社団法人ドローン操縦士協会認定のドローンスクールのインストラクターが、ドローンパイロットとしてドローンの操縦及び空中撮影にあたります。

また、パートナーとなる工事業者につきましては、東京土建組合やドローンスクールを受講した企業など多岐にわたるネットワークを駆使し、お客様に最適な業者選定させていただきます。

火災保険の仕組み

火災保険の活用方法

火災保険というと火災のみ、と思われがちですが、台風、竜巻、突風、豪雨などの自然災害による破損は火災保険で修理が可能です。
申請できる修理の範囲も幅広く、家の内部・外壁・門・塀・カーポート・屋根など、家の修繕のほとんどは保険が適用されます。また、適用した後、保険料が上がるということはなく、原状回復後でも申請できます。

火災保険の注意事項

全ての修理に火災保険が適用できるわけではありません。以下のような場合は適用されないので、注意が必要です。
・経年劣化による損傷
・地震による被害
・人的な被害
また、以前に保険が認定された箇所は、同じ理由での保険適用が認められていないので、こちらも注意が必要です。但し、一度修繕後、新たな災害による損傷の場合は、認められますので、修繕工事を先送りしないことがポイントです。

火災保険の申請~審査について

火災保険の申請は、修繕工事見積もりをベースとして、保険会社から選任された鑑定人が見積り内容と現地確認を行うなど、厳正な審査があり、書類の準備も必要です。
当社サービスでは調査スタッフが、空撮データの解析、損傷個所の診断を行い、どこまでが保険の適用範囲になるのかをしっかりご説明します。
その後、修繕費用見積もり、火災保険会社への申請を行います。保険会社との現地鑑定の際も、専門知識を持ったスタッフが立会いますので安心です。

サービスの流れ

自然災害による家屋の損傷が認定された場合、火災保険にて無償で原状回復できます。
保険申請から修繕までトータルサポートいたします。

  1. STEP.1  ドローンによる空撮

    現役のドローンスクールインストラクターがパイロットとしてドローンによる空撮を行います。事前に調査方法を丁寧にご説明します。


    1.お客様とドローンパイロットの打ち合わせ

    2.ドローンフライト開始

    3.モニターを確認しながら飛行

    4.約15分程度の短時間で終了
  2. STEP.2  空撮データ解析

    画像を解析し、損傷個所を確認します。


    屋根損傷

    屋根損傷
  3. STEP.3  修理の見積書の作成

    解析結果を基に、修理費用見積もり、火災保険会社への申請をサポートいたします。
    ※調査結果(修繕見積り)はあくまでも損害箇所のトータル的なお見積りになります。自然災害として被害額を認定するのは保険会社(鑑定人)です。回復工事は認定された範囲で行われます。

  4. STEP.4  火災保険の申請
  5. STEP.5  火災保険の認定
  6. STEP.6  損傷個所の修繕

    保険認定が認められない経年劣化や改修工事もお客様のニーズに合わせ、再度お見積りいたします。
    ※認定範囲以外は実費工事になります。

よくある質問

「HBドローン家屋調査」の対象地域はありますか?
無料点検の対象地域は現在東京、神奈川、埼玉、等とさせていただいております。無料調査の対象外の地域にお住まいの方は別途ご相談ください。地域や状況により対応させていただきます。
ドローンは天候に関わらず撮影できますか?
雨天、強風時、また夜間の空撮は残念ながら実施できません。天候により実施できない場合は、別途日程を調整させていただきます。
ドローンによる屋根の調査は短時間で終わりますか?
一般的な一戸建ての場合、ドローンの空撮自体は15分程度で終わります。その他調査対象、内容等により所要時間が前後いたしますので、事前のお打合せでご要望に合わせ、擦りあわせいたします。
自然災害による破損が見つからなかった場合も「HBドローン家屋調査」の費用は無料ですか?
はい、無料です。一度家屋診断を受けていただいておくと、次回自然災害で被害が合った際に、災害前後の状態を比べることができ、原因特定がしやすくなります。現状で不具合を感じられていない場合でも、お気軽にお問い合わせください。
「HBドローン家屋調査」は屋根だけが対象ですか?
ドローンで屋根の状態を診断するだけではなく、家屋の他の箇所の傷みも丁寧に調査いたします。
ドローン調査のついでに内装の相談をしたいのですが可能ですか?
可能です。提携会社は工務店ですので、些細なことでも構いませんのでお気軽にご相談ください。

お問い合わせ

株式会社ハミングバードのコーポレートサイトをご覧いただき、ありがとうございます。各種ご相談やご質問についてはコチラからご連絡ください。