ハミングバード

EXTERNAL WALL DIAGNOSIS

- 外壁調査事業 -

マンションや一軒家等の家屋やオフィスビルなどの外壁をドローンを使用して点検します。従来方法と比較して、ドローンを使用することによって、時間・コストを大幅に削減し業務効率化につながります。

短期間・低コスト
安全の赤外線診断

ビル・マンション外壁のタイル落下事故が社会問題になりつつあります。外壁の点検は従来、ロープアクセスで近接目視・打音試験(近寄って目で見る、タイルの浮きが疑われればハンマーで叩いて反響音を聞く)という、手法が一般的ですが、危険が伴い、時間もかかり、足場などが必要になる為費用もかかります。

ドローンでの赤外線カメラでの調査なら、従来方法に比べ安全・短期間・低コストに建物の外壁調査を行う事ができます。

赤外線カメラは
世界シェアNo.1を誇る
「FLIR VUE」シリーズを使用

外壁調査に使用するドローンには「FLIR VUE」シリーズの高解像度のカメラが搭載されており、建物の劣化や細かなヒビ割れを把握いたします。

赤外線カメラを使えば、タイルや塗装の浮きなどを判別することが可能です。また、雨漏りの進入経路を突き止め、その原因を探ることもできます。

高層建物にも対応

本来、外壁調査において足場を組まなければならないビルやマンションといった高層建物についても、赤外線カメラ搭載のドローンによる調査であれば足場を組む期間が不要で、短期間で建物外壁の「浮き」を発見できます。

可視光カメラでは判別しづらい「浮き」も赤外線カメラを通して「浮き」を判別できます。

コスト削減

ビル・マンション等の外壁点検をする際に足場を組む必要がありますが、赤外線カメラ搭載のドローンによる調査であれば足場が不要な為、従来手法と比較してコストを削減できます。

また、足場そのものが不要のため、調査員や足場等の機材の足場からの落下リスクがなく、安全面でも優れています。

調査と納品までの流れ

  1. STEP1.  お問い合わせ
  2. STEP2.  お打ち合わせ/お申し込み(ご契約)
  3. STEP3.  調査
  4. STEP4.  画像解析
  5. STEP5.  調査報告書提出

お問い合わせ

株式会社ハミングバードのコーポレートサイトをご覧いただき、ありがとうございます。各種ご相談やご質問についてはコチラからご連絡ください。