さまざまなシーンで産業用ドローンが活躍!「空から夢をみよう!」ドローンパイロット募集中

ハミングバード通信

「航空法とドローン」ハミ通VO.3

こんにちは♪

今日も元気にブログ書きますよー!

今日はなにをテーマに書こうかな~

メディアなどで露出が増えてきたドローンですが、
やっぱりまだまだ知らないこと沢山ありますよね(´・ω・`)
ドローン画像

だから今日のブログは、ドローンのあれやこれを勉強して
明日から使える豆知識的なブログにしちゃいます!

今日はドローンに関する法律について(‘ω’)

ドローンに関する法令は、2015年12月10日に定まりました。

この法令は、ドローンの重量で対応する法令で
基準は200グラムとされています。
身近なものに例えると、

細長い缶コーヒー一個分。たぶん。

わかりにくって思われた方、ごめんなさい(笑)

まずはじめに
200グラム以上のドローンは、航空法の規制を受ける機体です。

「航空法」とは・・・
一般的に飛ばしてはいけないところと飛ばす条件について定められている法律のことです。

飛ばしてはNGな場所として
・空港周辺
・上空150メートル以上
・人家の密集区域

飛ばす条件として
・日中での飛行
・見える範囲内での飛行
・距離の確保(対象物から30メートル以上)
・イベント会場など催し場所禁止
・危険物輸送禁止
・物件投下の禁止

などなど意外とたくさんあるわけです。厳しいですね

禁止されている場所での飛行は、国土交通大臣の許可が必要なので要注意ですね!

逆に200グラム以下のドローンは、航空法の規制を受けません。
「トイドローン」、いわゆるホビーの分類に含まれるものです。

それがこちら↓

ちっちゃ~い手のひらサイズ(´―`)とってもかわいい♪

これも立派なドローンの一つで、カメラ機能も搭載しているんです。
お値段も数千円からとお手頃っ

もちろんトイドローンも手のひらサイズから種類も様々です。

練習するならまずはトイドローンなんてどうでしょう??
最近では川とかで飛ばす方とかもちらちら出てきています♪

わたしも、
BBQしながらとばしてみたいなーって最近思っていたり…(笑)

でも要注意なのはおもちゃのドローンとはいっても、

カメラがあるのでプライバシーの侵害に当たってしまったり

人にぶつかれば非常に危険と隣り合わせです。

もちろんマナーとモラルを守れば
規制の受けないトイドローンは自由に動かすことができるので
練習にはもってこいです。

繰り返しになりますが

トイドローンの普及により非常に身近な存在となってきたドローンではありますが
いつでもどこでも飛ばしていいとは限らないのがドローンの特性です。

ドローンと素敵な付き合いを保つためにも
モラルとマナーを守って飛ばしていきましょう♪
みなさんの素敵なドローンライフを送れるよう、わたくし高井も願ってます♪
OK

それでは次回のハミ通もお楽しみに☺

株式会社ハミングバードの高井でした~

ドローン事業説明会
ドローン事業パイロット募集中
ドローンスクール体験コース